二重まぶたの整形で印象を変える|口コミからも情報を

レディ

失敗しないように

ドクター

二重まぶたにする美容整形は、思っていたような仕上がりにならず、失敗してしまうこともあります。美容整形ではなく、メイクで頑張って二重まぶたにするようにしておけばよかったという後悔をしないためにも、どのような失敗があって、それを避けるためにはどうしたらいいかということを確認しておきましょう。埋没法による二重まぶたの美容整形では、施術後に糸が取れて一重まぶたに戻ってしまうという失敗例があります。施術後すぐに取れてしまう場合は、施術自体に問題がある可能性があるので、すぐに施術を受けた美容外科に連絡しましょう。保障制度を設けている美容外科は、期間によって無料で再度施術を行なってくれるところもあります。口コミでも、すぐに施術をしてもらったという声もあります。埋没法による施術は、効果は永久的なものではありません。そのため、年数が経過すると糸がゆるんでしまい、二重まぶたを維持することができなくなってしまう場合もあります。また、まぶたが元々厚いという人は、埋没法だと戻りやすくなってしまうので、施術を受ける前によく医師と相談することが大切です。医師の判断により、切開法をすすめられることもありますので、そのことも理解してからカウンセリングを受けましょう。

口コミの声をみてみると、仕上がりに納得がいかなかったという意見もありました。カウンセリング時にこのような二重まぶたに整形してほしいという希望を伝えても、思うような仕上がりにならなかったということもあります。また、埋没法を希望していたのに、切開法でしか施術できないという判断をされてしまい、その結果イメージとは違う仕上がりになったというケースもあります。施術を受ける際には、希望する施術法を受けられない可能性もあるということを頭に入れることも大切です。しかし、受け身になりすぎると思い通りの仕上がりにならないということにつながってしまいます。それを避けるためにも、カウンセリング時にしっかりと希望を伝え、医師の意見も聞きつつ施術法や仕上がりのイメージを相談することが重要です。施術が終わって後に後悔しないように、よく相談しましょう。

口コミなどでの失敗例をみてみると、カウンセリングの大事さがよくわかります。自分の希望を細かく伝えることはもちろん、医師の意見をよく聞くことが大切です。たとえば、医師から提案されたのが切開法による施術だとして、自分が希望するのが埋没法による施術法だとします。しかし、自分のまぶたを二重にするのは切開法しかない、ということもあります。それを無視して埋没法で施術を受けると、すぐに元のまぶたに戻ってしまうという可能性が出てきます。よくよく医師と相談して、納得がいったら施術を受ける、という風にすると失敗する可能性はぐんと減ります。事前に口コミで確認しておいた方がいいことなどを調べておくと良いでしょう。施術前のカウンセリングをしっかり行い、施術の説明をちゃんと受けることによって納得のいく仕上がりに近づくことができます。